スポンサード リンク


抜け毛が気になりだしたら、自分にあった育毛剤を使おう!

「育毛剤は、どれを使っても同じ」と思っていませんか?

それは、大きな誤解です。
以下のページでも書いたように、脱毛症には色々な種類があって、原因も様々です
もし、ひこう性脱毛症なのに、男性型脱毛症に効果がある育毛剤を使えば、育毛剤の本来の性能を発揮させることは難しくなります(育毛の効果はゼロではありませんけどね)。
というわけで、自分の脱毛症のタイプにあった育毛剤を使って、育毛剤の本来の力を発揮させることが重要です。
このページでは、育毛剤の種類について解説します。
※)参考:抜け毛が気になりだしたら、正しい脱毛症の知識を身につけましょう!

育毛剤を目的別に分類!

育毛剤には、様々な成分が配合されています。
その成分の違いで、育毛剤は、大雑把にいうと、以下のタイプに分かれます。

・血行促進させるタイプの育毛剤
・男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤
・細胞を活性化させるタイプの育毛剤
・脂肪分泌を抑制するタイプの育毛剤


それぞれの成分が配合された育毛剤の特徴を書いていきます。

※)注意
市販されている育毛剤には、色々な成分が配合されているので、以下で紹介するタイプそのものズバリ、当てはまる育毛剤はありません。つまり、市場で販売されている育毛剤は、複合的に効果があるものが多いので、ここでは、育毛剤の基本を身につけるという軽い感じで読んでくださいね

血行促進させるタイプの育毛剤

血行を促進させるタイプの育毛剤とは、その名の通り、頭皮の血行を促進させる育毛剤です。もっと詳細に書くと、血行を促進させるタイプの育毛剤を使うと、頭部の毛細血管が広がって、血流量が増えます。血流量が増えると、それだけ毛乳頭に栄養がいきわたりやすくなるので、頭部の毛髪の成長が促進されます。
育毛剤の中で一番多いタイプです。
なお、男性型脱毛症、円形脱毛症への効果が期待できると言われています。

男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤

毛母細胞が分裂すると、髪の毛は生えてきます。しかし、その分裂を阻害するのが男性ホルモンです。
そこで、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤では、その名の通り、男性ホルモンの活動を抑えます。
なお、このタイプの育毛剤は、男性型脱毛症への効果があると言われています。

細胞の活性化させるタイプの育毛剤

先ほども述べましたが、髪の毛が生えるかどうかは、毛母細胞の活動にかかっています。そこで、細胞の活性化させるタイプの育毛剤は、直接、細胞に働きかけて、細胞の活性力を高めます。そうすることで、発毛を促します。
なお、男性型脱毛症に効果があると言われています。

脂肪分泌を抑制するタイプの育毛剤

頭皮からでる皮脂が多いと、フケが脂っぽくなって、毛穴をふさいだり、皮脂そのものが毛穴をふさぎます。そうすると、抜け毛が増えて、脱毛していくことになります。
そこで、脂肪分泌を抑制するタイプの育毛剤は、その名の通り、皮脂が分泌されるのを抑えることで、育毛を促進させます。

◆お勧めの育毛に関する商品

スカルプd
インディアン シャンプー
黄金香
黄金樹
黄金宮
ノコギリヤシ
ミレットエキス
ケアナチュラル
ケアナケア


◆育毛の商品
育毛 シャンプー
育毛 サプリメント
育毛のためのヘアーケア用品
育毛剤

抜け毛が気になる人へのトップページ

スポンサード リンク